ブログ:WEBアナリストが覚えたいエクセル|日付と曜日の表示方法

Pocket

00アクセス数や売り上げなどデータ分析をする際、ツールからデータを一度取り出してExcel上で分析する方が多いのではないだろうか?

しかし、取り出したデータの形ままでは思い通りの分析ができず、苦労したことがあるだろう。
(もしくは、それすら面倒でやっていない方もいるかもしれない)

確かに数字を見るということは、慣れていない方にとっては苦痛かもしれないが、コツを掴むと、そこから見えてくるものがあるので、ぜひトライをしてほしい。

今回は、数字を意味のあるものにするために必要な”見やすさ”を整える方法として、Excelで扱いやすくするコツを記事にしてみた。

見やすくなるだけでも、データと向き合おうという気持ちが湧いてくると思う。

やり方自体はExcelの基本的な機能でまったく難しくないので、ぜひ実践して、御社の売上改善に役立てていただきたい。

1  日付データを「年」「月」「日」ごとに、別のカラムに分解する
1-1 日付データが、日付形式の場合
1-2 日付データが日付形式じゃない場合
2  曜日を作る
2-1 日付データが別カラムの場合。
2-2 日付データが「1-2」の状態の場合
3  滞在時間をhh:mm:ss形式にする

1 日付データを「年」「月」「日」ごとに、別のカラムに分解する

1-1 日付データが、日付形式の場合

01

たとえばこのようなデータを、それぞれ「年」「月」「日」に分けたい場合は、「区切り位置」機能を使う。データを整形する際はとても多く使う機能なだけに、知っている方も多いと思う。手順は下記の通り。

05

① Excelのデータタブを選択
② 区切り位置を選択
③ 区切り位置指定ウィザード1/3 元のデータ形式で、『カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ』 を選択 次へ
区切り位置指定ウィザード2/3 『その他』 を選択 テキストボックスに 『/』を入力(区切りたい位置の文字を入力する)。 次へ
区切り位置指定ウィザード3/3 『完了』を押す。

以上。

1-2 日付データが日付形式じゃない場合

02

日付が日付の形式になっていない場合は、MID関数を使うと年月日を別のセルに抜き出すことで別カラムに分解できる。手順は下記の通り。

06

① 年を抜き出したいセルで、『関数の挿入』を選択
② 『MID関数』を選択
③ 『文字列』 > 日付が入っているセルを選ぶ。 『開始位置』 > まずは年を抜き出すので『1』を入力。 『文字数』 > 抜き出す文字数を指定するので『4』を入力。

以上で、年だけが抜き出せた。あとは月、日を同じ要領で行えばOKだ。

2 曜日を作る

2-1 日付データが別カラムの場合。

データ分析を行う上で平日と休日を分けてデータを観察したい場面がある。年月日が別々のセルにある場合の曜日を作るには、日付形式のデータを『&』でつないで作ってしまえばいいのだ手順は下記の通り。

03

① D列に『/』を書いておく、そして上図のように&で各列をつないでいく。そうすると、『2015/5/1』というデータができる。
② ①のデータをを、『表示形式』 > 『ユーザー定義』 > 『yyyy/m/d aaa』 とする。

以上。

2-2 日付データが「1-2」の状態の場合

日付のデータが2の状態の場合は、区切り位置の機能で対応することもできる。

07

① Excelのデータタブを選択
② 区切り位置を選択 次へを2回押し、区切り位置指定ウィザード3/3まで進む
③ 区切った後の列のデータ形式の選択画面で、日付YDMを選択

以上。

このように、『区切り位置』機能と、『&でつなぐ』方法だけで、たいていのことは実現できる。

3 滞在時間をhh:mm:ss形式にする

Google アナリティクスでデータをエクスポートしたとき、平均滞在時間が、WEB上ではきちんと表示されていたのに、Excel上では、よくわからない数字に変換されてしまったことがあると思う。

04

本来、滞在時間は03:33であり、上図は、秒数に変換されてしまった状態なのだ。

一番手っ取り早いのは、エクスポートの形式をExcel じゃなく、CSVにすることなのだが、そうすると日本語が文字化けしてしまう。

そんな時は、秒で出てしまった滞在時間を86400(1日の秒数)で除算することで解消できる。手順は下記の通り。

① 空いてるセルに86400と打つ
② そのセルをコピー > 滞在時間を右クリック > 形式を選択して貼り付け > 除算
③ 0.00246348838705527 となる > 表示形式 >ユーザー定義 > hh:mm:ss

以上。

 

 

Pocket

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*