MAGASEEK SALEサーチのユーザーを飽きさせない商品検索

MAGASEEK SALEサーチは、ファッション通販サイト「MAGASEEK」のアプリで、600以上ものブランドを扱うサイトであるため商品数も多く、商品検索の仕方に工夫を凝らしている。

今回はMAGASEEK SALEサーチのUIを商品検索を軸に見ていきたいと思う。

続きを読む

米国の通販アプリ『Wish』

『Wish』は2011年に創立された、サンフランシスコに本部を置くECモールである。
ユーザー数は5,000万以上、アプリのダウンロード数も1200万件を超えるなど欧州や北米で人気を博している。
今回はこのアメリカ生まれのアプリ『Wish』を見ていこう。

 

ウィッシュリスト

Wishにはウィッシュリストが存在する。ウィッシュリストは、とりあえず保存しておく引き出しのようなものだ。
ECサイトではお気に入りリストといった名称でよく見かけられるが、Wishではこのリストを複数作成できる。
気になった商品をとりあえずリストに入れて後でじっくり見るといった行動をするユーザーは少なくない。
その場合リストに商品が溜まりがちになってしまい、どのような目的でこの商品をリストに入れたのか分からなくなってしまうこともあるだろう。
Wishではリストが複数作れるので、例えばプレゼント用、自分用等とリストを分けて作ることで先のような事態は避けられるので便利である。

横読みの商品詳細ページ

Wishの商品詳細は面白い作りとなっている。
通常スマホのECサイトでは、商品概要、商品の説明、商品の評価、ストアの評価、発送情報などの各種項目が上から配置され、縦読みの法則が一般的である。
しかし、Wishではこれらの項目をすべて横並びに配置しスワイプすることで読み進む作りとなっている。
横読みのメリットとしては、情報の整理整頓が明確なため、頭にすんなり入ってきやすいことだ。
さらに、ユーザーが見たい項目に一早く進めるといった点もユーザービリティ的に良い。

日本のECサイトではまだ見かけることはほとんどないが、今後はこのようなレイアウトも増えてくるかもしれないだろう。

ニッセンショッピングアプリのホスピタリティあふれるUI&チュートリアル

ニッセンはカタログショッピングのイメージが強い企業だが、ECへの取り組は早く、2000年から行っていてECサイトのデザインもユーザービリティも相当洗練されている。

ニッセンのショッピングアプリもWEB同様、全体的にとてもよく設計されれており、使いづらさは感じさせない。

そして特に感じたのが、ユーザーの疑問に先回りするような人間味のあるUIと、チュートリアルが充実しているということに気が付いた。

今回はニッセンのショッピングアプリを、上記の点に特にフォーカスしてみていきたいと思う。

続きを読む

H&Mアプリ ファストファッションならではの画像中心のUI

H&Mは都内を中心に展開するカジュアルファッションブランドで、ファストファッションの代表格として有名だ。

レディース、メンズ、キッズ、インテリア雑貨まで幅広く扱い、早いサイクルで商品を展開しているので、リアル店舗には常に数多くの商品が並んでいる。
そしてどの店舗もビルの複数階に渡って構えるなど店舗面積も比較的広いため、いざリアル店舗で買い物をしようとすると結構疲れるひとも多いのではないだろうか?

そんな方に朗報だったのが、今年の4月にH&Mは公式ショッピングサイトをオープン。膨大な商品をネットで楽々お買い物できるようになった。
今回はそんな膨大な商品点数をもつファストファッションブランドH&MのアプリのUIを見ていきたいと思う。続きを読む

家電EC業界で快進撃を続けるヨドバシカメラのアプリUIとは?

ヨドバシカメラは、ECでの前期売上高が1000億円に迫るなど、競合ひしめく家電EC業界で快進撃を続けている。
リアル店舗も含めた売上高ではヤマダ電機やビックカメラには及ばないものの、ネット通販部門の売上では断トツに上回っている。
その要因として大きいのは、リアル店舗とネットの融合だ。
バーコードスキャン機能の開発や、ネットで購入した商品を店頭で受け取れるようにするなど、リアルとネットを統合的に活用する戦略でネット通販売上高を拡大させている。
また、日本全国配送料無料や、つい先日リリースされた「ヨドバシエクストリーム(Yodobashi Xtreme)」サービスなどのインフラ整備にも余念がなく、通信販売の顧客満足度指数で1位になっていることにも合点がいく。
続きを読む

売上の80%がスマホから! モバイルに特化したDeNAショッピングのUI

DeNAショッピングのユーザー層は30代~40代の女性が中心であり、売り上げの80%がスマホ経由だという。

昨今では、ようやくスマホの売り上げがPCと同じくらいか、少し上回ったくらいが現状だと思われるので、DeNAショッピングはかなりスマホの比率が高いサイトだといえよう。

そのためDeNAショッピングのアプリは、ターゲットを明確にしたさまざまなUIの工夫が見受けられる。

続きを読む

ユーザビリティ度外視!? GILTのアプリに学ぶユーザー体験の重要性

GILTは900万人のユーザーを持つアパレルのECサイトだ。しかし普通のECサイトとは業態が少し違う。

GILTはサイト上のすべての商品をファミリーセールという形で販売しており、すべての商品が期間限定でディスカウントされた状態で売られているのだ。

ファミリーセールとは一般的に、その企業なりブランドなりの家族、関係者、もしくは会員だけが参加できるクローズドのセールのことで、通常のセールより大幅な値引きで販売されることが多い特別なセールだ。

GILTはそのファミリーセールをネットで再現している、そのためアプリのUIも他のECサイトとは一線を画す構造になっている。

続きを読む

カスタマイズ設定でUIを大幅に向上させたSHOPLIST

ファッション通販サイト「SHOPLIST.com by CROOZ」 は、サービス開始から3年で取扱高が100億円規模に達した人気のECサイトである。
今回はSHOPLISTのアプリをUI視点に基づきながら見ていこう。

続きを読む

UIの視点から見るLOHACOアプリの特徴

Yahoo!と文房具メーカーのASKUL(アスクル)が業務・資本提携した、インターネット通販サービス『LOHACO(ロハコ)』は近年急成長を遂げているECサイトの一つだ。
そんなLOHACOのアプリは、他のECサイトにない珍しいUIをしているので、是非本稿で紹介したい。

続きを読む

フリマ出品の心理的ハードルをクリアしたメルカリのUIの極意

CtoC(カスタマー トゥ カスタマー)とは、一般消費者同士がインターネットを通じてモノを売買することで、今ではかなり一般的になってきた。
そのなかでも、ヤフオク・メルカリは、販売方法が違うものの(ヤフオクはオークション、メルカリはフリマ)CtoCの代表的なアプリと言える

続きを読む