スマホECユーザビリティの極意:haco!

Pocket

#(ハッシュタグ)によるサイト回遊性向上

haco!(運営:株式会社フェリシモ)のユーザビリティの優れた施策は#(ハッシュタグ)による回遊性向上です。

img1_20151210

 

商品詳細ページには複数のハッシュタグが必ず付けられており、タグをタップすれば関連する商品が並ぶ一覧ページに遷移します。ハッシュタグはInstagramやTwitterで日常的に使われる機能であることからhaco!ユーザーと相性が良いと想定したのだろうと思います。サイト内で回遊しやすくなったことは元々ユーザーが自分の頭の中に思い浮かばなかった商品をサイト側が別の商品を提案することに繋がります。つまりhaco!のハッシュタグの効果はユーザーと商品の接触機会を積極的に生み出すことです。

 

消費者ニーズによる新しい商品グルーピング

アパレル系ECサイトでは一般的に同じブランドか同じカテゴリー・色の商品レコメンドが商品詳細ページに掲載されます。ZOZOTOWNの場合は同じカテゴリーの購入ランキングや閲覧履歴(=このアイテムも見られています)も提供しています。あるストリート系ブランドの白いロングTシャツの詳細ページを見ると同じブランドの青いロングTシャツやカーディガン、ブランドに問わない白いロングTシャツが詳細ページに掲載されています。

 

img2_20151210

 

ブランド力がある商品であれば詳細ページから同一ブランドの商品を探すニーズがあります。たまたま自分は白いロングTシャツを探していたが、このブランドの商品であれば、白いロングTシャツでなくとも欲しい、というニーズは一定数は存在します。ブランドに強いZOZOTOWNの導線としては自然な回遊施策です。またカテゴリーと色のほうがブランドより意識が強い層もいるので白いロングTシャツを並べることは、どうしても白いロングTシャツが欲しい、というユーザーニーズに応対できる仕様です。

 

haco!で採用しているハッシュタグに期待する効果はユーザーに別商品への気付きを与え購入に繋げることなのでZOZOTOWNのブランドや商品によるレコメンドと目的は同じです。しかしhaco!のハッシュタグはブランドや商品を起点にしていません。例えばキャメルカラーのニットの商品詳細ページを見てみると「#デニムに合う」、「#着やせ」、「#腰回りカバー」、「#Vネック」、「#リラックス」というタグが並んでいます。

 

img3_20151210

 

それらのタグをタップすると「#デニムに合う」のタグが付いている商品一覧に遷移します。これはブランドと商品カテゴリーよりもどのような価値を商品に求めているのかを見える化した結果で、ユーザーの心の中で無意識に浮かんでいる言葉だと思います。「#着やせ」をタップすると腰まで隠れるようなロングニットや、体型を隠すようなデザイニングをされたフリル付きのトップス、ダークトーンのワンピース等が商品カテゴリーやカラーに無関係に並んでおり、アパレルECにおける新しい商品グルーピングを提供しています。

 

商品起点のコーディネート集の充実

商品を使ったコーディネートコンテンツが詳細ページで提供されています。コーディネートのコンテンツは多くのアパレルECで提供されていますがhaco!の新しさは商品を起点にした複数パターンのコンテンツを展開している点です。写真集を見るような格好良さではなく実利を追求しているように感じます。テイストの違う複数パターンを掲載することによりユーザーは自分が既に持っている服との組み合わせをイメージすることが出来ます。一般論として女性は多くのアパレル商品を買うことを考えると、着回し力や応用性は商品購入動機に直接繋がるためにこのコンテンツは意義あるものになっています。

 

img4_20151210

 

紺色のウールコートの商品詳細ページにはその商品を使った8パターンのコーディネートが掲載されています。コートの中にボーダー柄のスカートを着用した女性らしいカジュアルなスタイルや、シックなカラーテイストにした大人っぽいスタイル、帽子を着用したアウトドア風なスタイル、スニーカーを着用した街歩きスタイル等です。すべて同じ紺色のウールコートを使っていながら、まったくテイストの異なるコーディネートを載せています。ユーザーはこの複数パターンのスタイルの中から自分が持っている商品との相性や好きなテイストを見付け、結果的に購入意欲を高めていくことになります。このコンテンツの掲載位置にも特徴があります。テキストによる基本情報やサイズ情報、カートに入れるボタンよりも上位に掲載しているため、おまけのコンテンツという意味ではなく、購入判断における大きな存在であることを表しています。

 

カジュアルテイストの女性向けECのcoca(運営会社:株式会社adapt retailing)ではコーディネートコンテンツ「STYLE BOOK」は提供されていますが、格好いいコーディネート写真があり、その写真のモデルが着用している商品のそれぞれの商品詳細ページに遷移することができる構成です。

 

img5_20151210

 

例えばcocaオリジナルのコートを着用しているモデル写真では、その写真の中でモデルが持っているバッグへのリンク、デニムへのリンクがあります。cocaではモデル写真の中のそれぞれの商品に対して導線があり、haco!では1つの商品のコーディネートを複数パターン見せた上で購入意欲を強くすることを狙っています。コーディネート系コンテンツの目的は商品イメージを沸かせ、購入意欲を強めることですがアプローチ手法はサイトごとに異なります。

 

スマホUIを意識したコンテンツ掲載順

「PLAY STYLIST」のコーナーは特にスマホ用のUIを強く意識した設計をしています。全身のスタイリングをページ内の上位で見せ、その下部で各商品ごとのモデル着用画像を見せるコンテンツ掲載順は上からスクロールする縦型のスマホUIです。単体の商品から見せると自分が着用しているイメージを喚起させにくいと考え、はじめに全身を優先して掲載している点がスマホユーザーへの配慮です。「PLAY STYLIST」に限りませんがhaco!では縦スクロール移動のスマホUIを配慮したコンテンツ掲載であるため見やすさを感じるユーザーは多いと思います。

Pocket

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*