スマホECユーザビリティの極意:ポンパレモール

Pocket

楽天市場やYahoo!ショッピングなど先行する巨大モールを追い掛ける形のポンパレモール(運営:リクルート社)はスマホサイトのユーザビリティ上どのような工夫をしているか見ていきたいと思います。

出店者を意識したショップページへの送客導線

モールから商品を購入しようとするユーザーはどのショップで購入するかというよりも欲しい商品をいかに探すかという点が優先されます。あくまでも楽天というサービスで購入したと意識であり各ショップの名前は把握していない場合が多いでしょう。

つまりどのショップで購入するのかというのはユーザーにとってはさほど重要な要素ではありません。しかし一度買ってくれれば、似た商品や同じ商品であれば同じお店で買うことも増えてくると思います。そのためには購入後のフォローメール等が重要になってくる訳ですが、そうなるといかに継続的に新規の購入者が自店舗で買ってくれるのかというのは店舗側の命題になってきます。その点をポンパレモールでは意識していると考えられます。

eczine20150210_img01

スマホサイトTOPにジャンル一覧があるのは他のモールと同じですが開閉式のメニューを開くと詳細ジャンルと同列でショップ一覧へのリンクが表示されます。例えば「ファッション」を開くと、次のジャンルである「レディース」、「メンズファッション」などが表示されるのですが「ファッションジャンルのショップから探す」も同時に表示され「レディースファッションショップ」、「メンズファッションショップ」など店舗一覧へのページへ遷移することができます。

 

そこからはすべてのショップが掲載される「ショップアベニュー」というメニューに遷移します。少なからずショップページから商品を探すユーザーがいることを考えると新規の購入者との接点という視点でこのメニューが作られていると考えられます。これらは出店者数を増やすために導線を設けることにより出店者側のメリットを創出することをリクルート社が狙っているのではないかと想像します。

「月間ショップグランプリ」のメニューもショップへのアピールになるメニューですね。

 

旅行チケット購入サイト「じゃらん」と共有の会員情報

ポンパレに会員登録をするとじゃらんとも会員情報が共有される仕様です。ずいぶん前に私はじゃらんでチケットを購入したことがありましたがポンパレにログインをするとじゃらんで購入した時に付与されたポイントがポンパレでも利用することが可能です。送付先情報などの会員情報もじゃらんで登録をしていたのでポンパレで登録した時には会員情報を新たに入力する必要はありません。ポイント連携以外にもユーザーの入力の手間を減らすという視点でメリットがあります。もちろんポンパレ用の商品お届け先住所をじゃらんとは別に登録することもできる点もでき、細かいニーズにも考慮された設計です。

 

最近見たジャンルによるパーソナライズ化

楽天市場では商品と店舗のパーソナライズを実現しています。例えばスマホサイトである商品を見たところ、スマホサイトTOPの「最近チェックした商品」と該当する店舗が「最近チェックしたショップ」に追加される仕様ですがポンパレの場合のパーソナライズは「カートに入っている商品」、「お気に入りの商品」、「最近見た商品」という順番で商品に対してフォーカスしています。項目だけではなく表示している順番にも工夫があり、カートに入っている商品が一番ユーザーの購入意思が高く、次にお気に入り商品になるため、モバイルサイト設計の基本である「上部から大事な情報を掲載する」に沿った画面設計をしていることが分かります。

 

eczine20150210_img02

 

カートに入っているのはユーザーが自分の意思でカートに入れたのであり、お気に入りも同様にユーザーの意思による興味ある商品です。さらにポンパレのパーソナライズの特徴はジャンルも「最近見たジャンル」として表示していることです。ユーザーの行動に応じたカスタマイズを実装することで商品詳細ページへたどり着く導線を増やしている点にユーザビリティ上の工夫が見えます。

 

一覧からお気に入りに追加できる

Yahooショッピングでは実装されているが楽天では実装されていないものに商品一覧ページのお気に入りボタンがあります。ポンパレではYahoo!と同じで商品一覧ページからのお気に入り追加をすることが可能です。Yahoo!では商品エリアの左端にお気に入りをボタン化していますがポンパレでは右端にハート型のアイコンで設置しておりタップすると灰色だったハートがくるっと回って赤いハートに変わる可愛いアクションです。赤くなったハートをタップするとお気に入り一覧ページへ遷移しますが、これは今お気に入りに追加した商品を含め、どのような商品をお気に入りに入れていたか確認するときに必要でユーザーの心理に合った自然な導線だと考えられます。

 

商品詳細ページのユーザビリティ

楽天の場合は楽天流の長い商品ページで商品の基本情報をユーザーが見てからカラー・サイズ・数量選択をすることになりますがポンパレでは商品画像、価格の下に選択領域があり楽天と比べた場合にかなりページの上位にある印象を受けます。これはユーザーが一覧ページや特集ページ等ですでに情報を得ており、詳細ページへ来るときには商品のことをおおよそ知っていることを前提にして設計されているのだと想像します。従って詳細ページでは商品説明を読ませないでもカートに入れることができるようにしているのだと思います。

 

ここでの工夫はカラー・サイズ・数量を選択しないと「カートに入れる」ボタンがクリックできる状態にならないことです。情報に不足がある場合はユーザーにタップさせないのはタップ数を減らすことが重要なスマホサイト設計においてはユーザビリティ上必要な工夫です。

 

eczine20150210_img03

 

カラー選択のプルダウンサイズやサイズ選択のラジオボタンのラベル化(ボタンを触らないでも選択することができる)、数量選択のプルダウンも使いやすいですね。また楽天では×を売り切れ、△を残りわずかと表現していますが、ポンパレの場合はアイコンにしてサイズ横に「売り切れ」が表示され選択することはできないのもシンプルですね。

 

これから追加実装をするとしたら売り切れ時のフォローだと思います。売り切れ表示がありユーザーのテンションを下げてしまうだけではなく、「再入荷のお知らせメール」の登録が出来たほうがユーザーには親切でしょう。これは楽天やZOZOTOWNでは実装されています。

 

ショッピングカートにある「購入するチェック」

カートページの左側に「購入するチェック」があり、デフォルトではチェックが入った状態なのですがカートに入れた商品を一刻でも早く購入完了していただくためにはユーザーを迷わせないことが必要なのでこのチェックボックスは不要だと考えます。

 

もちろんカートに入れた後にやはり購入したくない時もあるのでそのニーズに対応するためには「削除」であって購入するかどうかをユーザーにカートで尋ねるのは正しくないでしょう。

 

購入するからカートに入れているのであって買おうか検討している時にはお気に入りリストを利用すると考えられるためです。

 

まとめ

ポンパレモールのスマホサイトのユーザビリティはモバイルの基本に忠実に画面設計している印象を受けました。商品一覧ページの商品表示数が60件デフォルトであり表示件数を選択できない点や再入荷メール登録ができないこと等は不便に感じましたが商品詳細からカートへの導線やパーソナライズはスマホを利用するユーザーを考えた設計であると考えます。

 

ポンパレ全体の売り上げが増えるには検索時の上位表示の優先度が高くなるでしょう。

ポンパレに来たユーザーが商品を探すことは利便性高かったとしても現時点でGoogleやYahoo!で例えば「スカート」と検索をしてもポンパレモールは結果1ページ目には表示されず、楽天市場、ZOZOTOWN、マガシーク等に圧倒されており埋もれてしまっているためです。

Pocket

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*