フリマアプリ5選!各アプリの特徴と注意するポイント5カ条

Pocket

最近フリマアプリ「メルカリ」や「フリル」のTVCMが放送されている。
インターネット系サービスのTVCMは珍しいため、つい見入ってしまう。

TVCM
使ってみたいと思い私も「メルカリ」で服を出品してみました。
「着ない服だし、売れてくれたらありがたい」という思いだったのですが、1週間で5点売れ、合計3万円になりました。
自分の生活には要らなかったものがお金に変わったという意味で嬉しかったですね。

数多くのフリマアプリが登場しているので、もしかしたらアプリごとの違いが分からないかもしれないのでこの原稿では各アプリの特徴を見ていきたい。
興味があればぜひ参考にして欲しい。

<目次>
1:そもそも「フリマアプリ」とはどのようなものか?
2:フリマアプリ5選と各アプリの特徴
3:利用者の安全と対策

3-1 商品代金の支払いのタイミング
3-2 本人確認による信頼性
3-3 暴言等による強制退会

4:利用者のメリットとデメリット

4-1 購入者
4-2 出品者

5:購入者が気を付けるポイント5カ条

 

1:そもそも「フリマアプリ」とはどのようなものか?

フリマアプリは個人が商品を出品し、別の個人が商品を購入するための仲介をするアプリだ。

モデル

大きな特徴は出品者が自分のスマホカメラで商品を撮影し、金額や商品名などを入力すれば手軽に商品登録が完了する点だ。
それも2分や3分で完了とアピールするアプリもあり、私が実際に操作し出品したところ確かに2分程度で出品ができた。

「メルカリ」や「フリル」などのファッション系アプリが出て来た背景にはファッション商品で重要な「センス良く見せる写真」が画像加工アプリによって誰でもカンタンに出来るようになったのも遠因だろう。「メルカリ」や「フリル」には撮った写真を加工する機能が付いている。

サービスの仕組みを比較するとECサイト(Amazon、楽天市場、ZOZOTOWN等)は購入するのが個人であるのは同じであるが企業が出品しているモデルだ。

それに対してオークション(ヤフオク等)は個人間の取引なのは同じであるが価格や数量が固定されておらず、買い手が商品を購入できるとは限らないモデルだ。

オークションは購入自体に娯楽性があるため、稀少価値の高いものや娯楽品に適しているが購入できるかどうかは分からないため日常的に使うものには適さない。

それでは実際にどのようなフリマアプリがあるのかいくつか見てみよう。

2:フリマアプリ一覧

2-1 メルカリ

メルカリメルカリはTVCMを放送し会員数を増やし出品数も日々増えていることが想像できるアプリ。
他のアプリとは異なりメンズカテゴリーもあり、女性×ファッションに特化していない総合系のフリマアプリと言える。
決済方法も充実しており利便性も高めている。
https://itunes.apple.com/jp/app/id667861049?l=ja&mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.linemall&hl=ja

graph1

2-2 フリル

フリルフリルはレディースファッションに絞ったアプリだ。男性の登録だと分かった時点で退会させられるほど徹底している。
登録するとマイページが持てるのだがカバー写真を変更出来たり顔写真を投稿出来たり、友だち申請した人の出品物を見れるなど、
自分の趣味嗜好の近いユーザーの商品を見えるようにしている。他のアプリに比べSNS的な繋がりをもっとも重視しているアプリだ。
https://itunes.apple.com/jp/app/fril/id523497998
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.fablic.fril

graph2

2-3 ClooShe(クロシェ)

クロシェ
ヤフーが運営している安心感があるだろう。アプリの作り方としては他のアプリにはあまり見られない「特集」を設けてコーナーを作っている。
Yahoo!IDが必要であることやYahoo!ウォレットの登録が必要であることから多少面倒を感じるユーザーもいるかもしれないが、
ヤフオクによる長年の個人売買の運営元が運営している点に安心感を期待したいアプリだ。
https://itunes.apple.com/jp/app/id724532735
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.clooshe
graph3

2-4 LINEモール

LINEモールLINEが運営するフリマアプリでLINE IDとは別のLINEモール用のIDを新規発行するため、出品や購入はLINEで繋がっている友人達には分からない。手数料が購入者も出品者も無料であるのが最大の特徴だ。
また企画もLINEらしく面白く、一番安く誰ともかぶらない値段をつけたユーザーに販売するユニークな企画「チャンスプライス」もアプリ内で更新している。LINEで繋がっている友人達とグループ購入もなかなか面白い。
https://itunes.apple.com/jp/app/mei-riseru-chu-pin-wu-liao!line/id766236278?mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.linemall&hl=ja
graph4

2-5 STULIO(ステューリオ)

ステューリオ

中村アンなどの超人気モデルや著名人が支持するファッション系アプリ。
ハイブランドから旬なブランドなどが出品されている。
iPhone版のみの運営である。
https://itunes.apple.com/jp/app/id455228445
graph5

3:利用者の安全と対策

3-1 商品代金の支払いのタイミング

フリマアプリは個人間で取引をするので支払ったのに商品が届かないというリスクがある。

そのため、それを防ぐために商品の代金はアプリ運営会社に支払い、商品が実際に手元に届いてから出品者に振り込まれる手順だ。

この手順を採用することで支払ったにも関わらず、商品が届かないというトラブルを未然に防いでいる。

3-2 本人確認による信頼性

本人確認を行うアプリがあります。例えば電話番号による認証です。また「フリル」では1万円以上売れた場合は、運転免許証、保険証、パスポート、年金手帳等によって本人確認が義務付けられている。

3-3 暴言等による強制退会

フリマアプリでは別のユーザーとのコミュニケーションが大事である。

なぜならば実際のフリーマーケットと同じように「この値段なら買いますが可能ですか?」という値引きのやりとり別の写真を要求する場合に「着ている写真も載せてください」というようなやりとりが発生するからだ。いくら相手の言い方に不満を感じた場合でもアプリ上で暴言等を吐いたりすると強制的に退会になってしまう場合がある。

そしてさらに強制退会をすると集めてポイントが0ポイントになってしまう場合もあり、あなたにとってもいいことはない。運営会社も含め、アプリ上のすべてのユーザーがあなたのコメントを見ていることを理解して常識的なコミュニケーションをしよう。

4:利用者のメリットとデメリット

4-1 購入者

<メリット>

  • 商品を安く購入できること。
  • 値段が希望に合わない場合は出品者と値下げ交渉ができること。
  • 既に販売していない商品など希少な商品を探すことができること。

<デメリット>

  • 新品に比べ汚れや故障など品質の低い可能性がある商品が売られていること。
  • 商品の管理は出品者が行っているため正しく管理されているか保証されないこと。
  • 発送は出品者が担当するため配送のタイミングや梱包等は出品者まかせになること。

4-2 出品者

<メリット>

  • 不要な商品を出品でき、購入が成立すれば入金になること。

<デメリット>

  • 配送に手間がかかる。
  • 商品説明文や商品タイトルを自ら決める必要があり、その手間と時間が必要になること。(もちろん楽しんで出来るユーザーもいる)
  • 値下げ交渉があった場合に応じたほうが購入に繋がりやすくなるため当初決めた金額通りの売上にはならないことも多いこと。
  • 購入を検討している相手とのコミュニケーションが重要であるため、その手間と時間が必要になること。

購入者のデメリットについては、いずれも出品者次第であるから信頼できそうな出品者を選ぶのが問題なく取引するためのコツだろう。

5:購入者が気を付けるポイント5カ条

実際にフリマアプリ「メルカリ」を使ってみて感じた注意点をまとめます。

①商品の値段は検索して本当に安いかどうか必ず確認しよう

②少しでも迷ったら直接出品者に確認しよう

③送料が含まれているかどうか見落とさないようにしよう

④安ければ買う商品があれば値下げ交渉をしよう

⑤ファッションの場合は「着画」(対象の服を着ている状態の写真)を送って貰おう

Pocket

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*