リスク不要!?素人でもLINEスタンプで年60万円の副収入を得る方法

Pocket

LINETOP

LINEスタンプの作成は手順さえ理解していれば誰でもできます。それで副収入を貰えたら嬉しいですよね。

私が日々の仕事をしながら片手間で作ったLINEスタンプは毎月5万円/月の入金があります。もしこのまま12ヵ月間続いたとすると5万円/月×12ヵ月=60万円/年です。

さらに私はデザイナーではありません。フォトショップも少し触れる程度です。なので、スタンプはデザイナーに数万円で作って貰いました。
ちなみに私のスタンプは以下の2つです。

①「博多っ子のKIKOちゃん」(¥100)
https://store.line.me/stickershop/product/1005211/ja

②「赤ちゃんエブリデイ」(¥100)
https://store.line.me/stickershop/product/1005758/ja

私が作成したスタンプ

 

私がLINEスタンプで稼げるようになったすべてのノウハウをお伝えします。

 

<目次>
1 販売開始までの3つの工程
2 LINEスタンプの作成方法
2-1 LINEのルールの確認
2-2 どのように利用するのかイメージ
2-3 人気スタンプのキャラクターの確認
2-4 40種類のスタンプの「表情」、「コメント」の検討と決定
2-5 40種類のスタンプ以外に必要な2つの画像
2-6 デザイナーに発注
2-7 実際に作成してみて困ったことのまとめ

3 LINEスタンプの申請
3-1 LINEクリエイターズマーケットのアカウント作成
3-2 基本情報の登録
3-3 作ったスタンプ一式の申請
3-4 実際に申請してみて困ったことのまとめ

4 LINEスタンプの販売
4-1 承認連絡の受信
4-2 売上や利用数の確認
4-3 入金額の確定

5 LINEから不承認を受けた内容を対応策
6 売れないスタンプの特長
7 LINEのフリーワード検索にヒットする方法
8 最後に

1 販売開始までの3つの工程

LINEでスタンプを配信するまでに大きく分けてスタンプを「制作」、「申請」、「販売」という3つの工程があります。

3つの工程

期間は「制作」に1ヵ月程度、「申請」に1~4ヵ月、「販売」は販売開始になったらそのままずっと置いておくだけです。申請の期間を1~4ヵ月と書いたのはLINE社の審査に時間が必要になるためです。私は2つのスタンプ申請を出しましたが1ヵ月程度で承認を得たものもあるし、2カ月以上経ってから得た承認もあるので幅を持たせました。

今、LINEスタンプの申請は多くの人が興味を持っているはずなので、実際にそのスタンプを見て、LINE社の審査担当者が慌ただしく一つずつチェックしていることが想像できます。機械的に判断できるものではないので人がチェックしているはずです。
スタンプをやろうと決めてから半年後に初めての入金があると考えておおよそ間違いありませんね。思い立ってスタンプを書いたら、すぐに出来るものではないというのを理解しましょう。

2 LINEスタンプの作成方法

2-1 LINEのルールの確認

何を作らないといけないのか?40種類のスタンプと別の画像2種類、合計42種類の画像です。別の2種類の画像とは「メイン画像」と「トークルーム画像」です。「メイン画像」はスタンプを購入するLINE STOREで表示される画像のことで「トークルーム画像」はLINEトークルームでスタンプを選択する時に表示される画像のことです。

メイン画像とトークルーム画像

「メイン画像」と「トークルーム画像」は40種類のスタンプ画像がある程度決まってきたら、そこまで苦労しないで作ることが出来ます。どのような画像であればスタンプを表現できるのか?を考えればよいでしょう。ポイントは分かり易さ、魅力が伝わるかどうかです。何より40種類のスタンプの素材があるので大変ではありません。

大変なのは「40種類のスタンプ」を作ることです。

LINEから推奨するスタンプとしてガイドライン(ルール)があります。

[1]日常会話、コミュニケーションで使いやすいもの
[2]表情、メッセージ、イラストが分かりやすくシンプルなもの

■参考:制作ガイドライン(提供:LINE社)
https://creator.line.me/ja/guideline/

これだけのルールなので「コミュニケーションで使いやすいものとは具体的にどういうものか」「分かりやすさ、シンプルとはどういうものか」は制作者側で考えないとなりません。
言葉にするとかんたんに感じますが、実際に手を動かすとなるとなかなか難しいのです。

NGスタンプ

またNGなものとして「日常会話で使用しにくいもの(例:物体、景色など)」というルールもあります。物体がNGなので例えば車や電車、飛行機などの乗り物や、ラーメン、お寿司などのご飯等はダメな訳です。このルールを知る前に「今日ご飯何?」「冷やし中華(スタンプ)」というやりとりも想像していたので食事系のスタンプはコミュニケーションに役立つと思っていましたがNGになります。「今、どこ?」「新宿(スタンプ)」というのもイメージしましたが、これも新宿を物体で表すことになるのでNGになりますね。

「イラストでないもの(例:写真や顔写真など)」というのもルールであります。だから、イラストを書き起こさないといけない訳です。私は当初このルールを知る前に「東京メトロの写真をスタンプにしたら、『今、どこ?』に答えやすいな」と思ったのですがイラストではないといけないのです。

「視認性が悪いもの(例:横長な画像や、8頭身キャラクターの全身など)」というルールがあるからクリエイターズマーケットに出ている販売中のキャラクターは2~3頭身という共通点がある訳です。

「スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの(例:淡色ばかりのもの、単なる数字の羅列など)」というNGルールもあるので、「何時に待ち合わせ?」「帰るの何時?」などの返答として時計のスタンプ(18時、19時、20時などを1つずつ用意する)は日常的なコミュニケーションになるとしてもNGになってしまうでしょう。

もちろん暴力や性表現、未成年者の飲酒・喫煙を想起などの公序良俗に反するものもNGになります。

それらを考えるとLINEクリエイターズマーケットでは自由にスタンプを作って売れる訳ではなく、LINEが定めたルールの中でスタンプを制作し、かつ人気の出るようなスタンプを作らないといけません。ポイントは「ユーザーがコミュニケーションに利用できるかどうか?」という点です。

制作ガイドラインには画像サイズや画像形式が出ているので、しっかり確認しましょう。

■参考:制作ガイドライン(提供:LINE社)
https://creator.line.me/ja/guideline/

2-2 どのように利用するのかイメージ

LINEの制作ガイドラインを確認したところで、次に【誰が】【どのような生活シーンで】利用するのか考えることが必要です。

【性別】
男、女、もしくは性別は関係ない

【職業】
会社員(新人、中堅、管理職、職種も)、アルバイト、フリーター、主婦(専業、兼業)、自営業、公務員、団体職員、学生(大学、専門学校、高校、中学、小学校)その他、もしくは職業は関係がない

【年齢】
10代、20代、30代、40代、50代、60代、それ以上、もしくは年齢は関係がない

【誰を相手に使うのか】
旦那さん、奥さん、息子・娘、子供、孫、同僚、上司、部下、先輩・後輩、お客さん、趣味の繋がり、地域の繋がり、学生時代の友だち、父親・母親、兄、姉、妹、弟、先生、その他

【どのような状態で利用するのか】
急いで連絡をする、用件だけシンプルに伝える、急いでおらずゆっくりと連絡する(用がなくとも使う)、言いたいことをスタンプが代わりに答える、その他

【どのような時間帯で利用するのか】
朝、昼、夕方、夜

私は家族が九州出身なので「博多弁のスタンプ」と、子育て中の仕事仲間がいたので「子育て中の夫婦間でかんたんに使えるスタンプ」というイメージをこの時点で持ちました。
家族とのやりとりに日常的に使うスタンプがいいと考えました。

「子育て中のスタンプ」では、やはり気になるのはその時の赤ちゃんの機嫌だとヒアリングをして感じました。例えば、今日はぐずっているのか?食欲はどうなのか?排泄は十分なのか?おっぱいはどうか?よく眠っているのか?等です。それを家で赤ちゃんと向き合う奥さんと仕事中の旦那さんでかんたんに使えるというイメージを持ちました。
そこまでのイメージはデザイン制作前に持つようにしましょう。

2-3 人気スタンプのキャラクターの確認

LINE STOREからキャラクターを見てみると、

  • 動物系のキャラクターが多い
  • 丸みを帯びているキャラクターが多い
  • くっきり、はっきりと書くキャラクターが多い
  • 2~3頭身の可愛いキャラクターが多い
  • テーマのあるキャラクターも少なくない(方言、ダジャレ、シュール等)

という共通点を見付けました。

自作スタンプでの副収入を考えた場合にはオリジナルキャラクターを作らないといけない訳ですが、LINEスタンプのトレンドを見て、どのようなキャラクターデザインであるとより多くの人に受け入れられるのかを考えましょう。

2-4 40種類のスタンプの「表情」、「コメント」の検討と決定

エクセルでも手書きでも「表情」と「コメント」欄に1~40個書いてみましょう。
言うのはかんたんですが、やってみると、なかなか難しい。

「おはよう」という挨拶であっても、ケンカの次の日で不機嫌そうに「・・・ぉはよぅ」というシーンもありますし、二日酔い気味の「・・・ぉ、はよ、よ、ぅ」というものもありますよね。「怒ってる?」という確認で、相手の表情を伺いながら「おは、よう?」という生活シーンもあります。
ただの「おはよう」かもしれませんが、それがどのようなおはようの意味を持つのか明確に決めることです。それがキャラクターの特長になりますし、キャラクターの人気にも繋がってきます。
「赤ちゃんエブリデイ」を作った時に私が作ったエクセルは以下のようなものでした。
スタンプのタイトル、イメージ、画像書いてデザイナーと調整しました。

赤ちゃん案

どのような書き方であってもデザイナーが手を動かせればよいと思いますが、意図は正確に伝えるようにしましょう。

2-6 40種類のスタンプ以外に必要な2つの画像

「メイン画像」はLINEストアの検索結果一覧ページと詳細画面の最上部に出て来ます。

これはこの画像だけでスタンプに興味を持ってもらう必要があるので、一番面白さを表現でき、一番魅力が伝わる画像にしましょう。
「トークルーム画像」は小さなLINE選択エリアに出るものなので、大きく作りましょう。

2-7 デザイナーに発注

あなた自身がデザイナーである場合や、自社にデザイナーがいる場合はLINEの制作ガイドラインに沿って作りましょう。

まずは手書きで意図した通りのイメージになっているか確認するのがよいでしょう。
下記が「赤ちゃんエブリデイ」を作った時にデザイナーが出してきたイラストです。
「赤ちゃんエブリデイ」の場合は手書き風のテイストにしたかったのでデザイナーが出してきた以下のものに大きく修正することなく、本番用の素材を作成しました。

赤ちゃんデザイン

外部に依頼する場合は「ランサーズ」などのクラウド型のアウトソーシングサービスでもデザイナーは見付かります。3万円~5万円程度の相場でスタンプを作ってくれるデザイナーさんが多いと思います。作成スケジュールは2週間程度でしょう。料金や制作期間はデザイナーさんと相談して決めましょう。
LINEからの指摘内容に合わせて修正が発生した場合にデザイナーさんが追加費用が発生することなく作業をしてもらえるかどうかは事前に確認しましょう。また、制作して貰ったスタンプの著作権は発注側にあるかどうかこちらも事前に確認するほうがあとあとよいと思います。

ランサーズ

2-7 実際に作成してみて困ったことのまとめ

①誰がどのように使うスタンプなのかを考えるのに苦労した

「どんなスタンプでもいいから、やってみよう」というぐらいの気持ちでスタートしていたため、具体的にどのようなスタンプを作るかを考えるのが大変でした。
私は「博多っ子」でも「赤ちゃん」でもどういう人がどのような利用シーンで使うか考えることから始めました。

「博多っ子」のほうは東京などの都心で暮らしていて「博多の方言が懐かしい人」と「博多で生活をしていて普段から博多弁を使っている人」を対象とイメージしましたね。それらの人が聞き慣れた言葉で、普段の生活で使える言葉を選択したほうがいいと思いました。
自分の耳から入る言葉がそのままスタンプで使えたら便利だし、自然だと思いました。

「赤ちゃん」のほうは仕事が忙しい旦那さんと生まれたばかりの赤ちゃんを育てている奥さんというイメージでした。旦那さんのほうは仕事を忙しくしながら心の中では赤ちゃんのことが気になっていて、奥さんのほうは赤ちゃんと向き合うことが忙しく、それでも旦那さんにこまめに状況を知らせたいと思っている。でも長い時間をかけて自分のスマホを使う時間はないという想定です。

いずれも自分の周りにいる人から具体的にイメージして、ヒアリングをしてスタンプの使い方を想像しました。

②40種類のスタンプを考えるのが大変だった

利用シーンとユーザーのイメージが出来たらいよいよ具体的に考え出したのですが40種類をそろえるのが大変でした。
「博多っ子」のほうは私が九州出身ではないので家族に聞いたのですが、日常生活で利用し、かつそれが明らかなに博多弁である言葉を選択することが難しい。
「そうたい」は「そうだ」の意味で、「了解」を表しますが、「そうたい」を言うのはどのようなキャラクターの表情であるのかも考える必要がありました。言葉を40種出すのが大変だったこと、その言葉を言っているキャラクターの表情はどうするかが大変でしたね。

「赤ちゃん」のほうも苦労したのは同じで、赤ちゃんは言葉を話しませんから旦那さんと奥さんの間で伝え合いたいことを「表情」にするのが難しかったですね。「何かを訴えようとして、今にも泣きだしそうな表情」とはどういう表情でスタンプにすればよいのかという点です。

③デザイナーとのやりとりが大変だった

私はランサーズを使ってデザイナーを探しました。LINEスタンプの制作実績があったほうがLINEの仕様(画像サイズや形式、何を作らないといけないのか等)を理解しているはずなのでLINEスタンプの作成実績がある方を選定しました。複数候補がいたのですが料金以外に「可愛い感じのイラストが描けそうだ」と思った方を選びました。

「博多っ子」のほうは「KIKOちゃん」というおかっぱ髪のキャラクターを私が考え、その子が博多弁を話すということにしたのですが、目がキラキラしていたりして、イメージと違う提案もありました。最初に私がイメージした時に「目はキラキラしていないキャラクター」という指定までは出来なかったので、迷わせてしまった訳ですね。

「赤ちゃん」のほうは「博多っ子」と別のデザイナーさんに作って貰いました。多くの人に受け入れられるようにという考えがあったので、キャラクター自体には特長は持たせず、「可愛い、手書き風な赤ちゃん」というイメージでした。

3 LINEスタンプの申請

3-1 LINEクリエイターズマーケットのアカウント作成

①「LINEクリエイターズマーケット」と検索し、「登録はこちら」ボタンをクリックします。
https://creator.line.me/ja/

登録はこちら

②メールアドレスとパスワードを入力する。
この情報はLINEアプリの「その他」⇒「設定」⇒アカウントから確認できます。

メールアドレス入力

③LINEクリエイターズマーケットのアクセス権限を許可する。

アクセス権同意

④利用規約に同意し、会社名(個人の場合は個人名)、住所、メールアドレス等を入力する。

利用規約

⑤申し込みが完了すると登録したメールアドレス宛てに申込完了の通知メールが届くので本文内のURLをクリックすると登録完了する。

登録完了

3-2 基本情報の登録

⑥マイページへログインする。
「LINEクリエイターズマーケット」の左上、「マイページ」よりログインする。https://creator.line.me/ja/

⑦振込先情報を登録する。

振込先

3-3 作ったスタンプ一式の申請

⑧新規登録へ進み、申請する。

新規登録

登録時の注意点を下記に列記しますね。

  • タイトルには英語表記が必要です。半角40文字が最大です。英語表記を考えた上で登録作業をしましょう。
  • 説明文にも同様に英語表記が必要です。こちらは半角160文字です。
  • 画像アップロード時にLINE規定に沿っていないサイズや形式、透過にしていない等によりエラーが発生する場合があります。アップ前に改めてLINEの規定を確認してください。

3-4 実際に申請してみて困ったことのまとめ

①画像のアップロード時にエラーが出た

LINEが定める規定に沿っていない場合は画像アップロード時にエラーが出ます。私は透過にするのを1点の画像で忘れていてエラーが出たことと、サイズが規定に沿っておらずにエラーが出たこともありました。アップロード前には必ず制作ガイドラインを見直す必要があります。

②申請時に必要な英語表記が難しかった

タイトルと説明文に英語の表記が必須で求められます。むしろ英語が必須というよりもまず英語で入力して、言語選択時に日本語を選び、日本語を登録する流れなので、日本語のほうがオプションのイメージです。日本語で入力したい文章はあっても、英語だとどのように書けばいいのか。まさか翻訳ソフトを使って直訳だと意味も伝わりにくいだろうし、Webサービスに沿った書き方にするのがいいと思っても、実際の書き方に苦労しました。実際に私がやったのは翻訳ソフトを使い、英語のできる友人に見て貰いました。

4 LINEスタンプの販売

4-1 承認の連絡の受信

LINEクリエイターズマーケットに登録をしたメールアドレス宛てにメールが届きます。メールが届いた時点で「承認」と書かれています。
URLよりアクセスしマイページ内の「リリースボタン」をクリックすると販売開始になります。(不承認になった時の内容を下記に書きました)

承認

4-2 売上や利用数の確認

マイページ内から「売上レポート」や「統計情報」から好きなタイミングで確認できます。

4-3 入金額の確定

振込金額の確定通知がメールで届きます。7月の確定通知メールが8月11日に届きました。マイページから「振込申請」を行うと45日以内に口座に振り込まれます。
未払い分配金が1万円を超えない場合は「振込申請」が出来ません。

入金額

5 LINEから不承認を受けた内容を対応策

リジェクト(不承認)はメールで来ます。マイページから指摘のメッセージが確認できます。具体的に「このように変えないといけない」という記載はメッセージにはありません。
どこのガイドライン(ルール)に引っ掛かっているかを教えてくれるだけで、そこから推察する必要があります。

①「2.1.LINEが定めるフォーマットに合致しないもの」

入金額

これはスタンプの内容ではなく、登録した情報に誤りがあったという指摘です。
指摘の通り「英語作者名」のところに日本語入力をしていたので英語表記に変えてOKが出ました。

②「3.14.性的な表現のもの」

赤ちゃんスタンプで赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるシーンのスタンプを作りました。これは旦那さんと奥さんの間で、「今おっぱい飲んでる」、「よく飲んでる」というようなコミュニケーションの時に利用することを想定して作ったものでしたが、「性的な表現」に該当するという指摘を受けました。
言われてみれば女性の乳房が表示されているし、赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるシーンを表現するためにお母さんの乳首も少し書いたので確かに「性的」にも取られかねないと思い、哺乳瓶で飲んでいるシーンにイラストを書き換えて再度申請をしたところOKが出て販売開始になりました。

NG

6 売れないスタンプの特長

「博多っ子」の40種類のスタンプのうち、下記の3つがもっとも使われていないものです。

KIKO

 

やってみて分かったのですが一番使われるものと使われないものでは、使われる回数にして10倍以上の開きがあります。

「とっとーと?」は予約や席、会議室を「取っている?」(=確保している)という意味の方言ですが相手に向って「(予約や会議室を)取っている?」と聞くシーンが多くないのかもしれません。これは方言らしい方言として「とっとーと?」は博多弁だなというぐらいしか考えなかったのだと反省ですね。

「お茶せん?」は「お茶をしない?」という誘いの言葉ですが、お茶をする日常生活はあったとしても言葉として「お茶しない?」と言って誘うのは余り使わないのかもしれません。

「きつかー」は「きつい」の意味ですが、これも具体的なシーンがイメージしにくかったのだと思います。

スタンプはスタンプ単体で見ると意味が伝わったとしても、やはり文脈の中で利用するものであるから単体で意味のあるものよりも、「うれしい」、「ありがとう」など頻繁に日常的に言う、感じる言葉や気持ちのほうが使いやすいのだと思います。

7 LINEのフリーワード検索にヒットする方法

「博多っ子」では以下のように説明文を書きました。

—————————————————————————
博多っ子  KIKO(7歳の女の子)の日常がスタンプになりました!毎日こんな感じで生活しています。
—————————————————————————

ここには「九州弁」やそもそもの「方言」、「地方」という言葉が入っていないためにLINE STOREからフリーワード検索をしたユーザーがこのスタンプをヒットすることが出来ませんね。どのようなワードでユーザーがそのスタンプを探すか。これを考え、そのワードをタイトルと説明文に入れましょう。

8 最後に

LINEスタンプは40種類を考え、作るのが大変ですが販売がスタートすると後はそのままずっと何もすることなく毎月の入金が見込めます。今LINEスタンプの数はどんどん増えているのでやるなら早くやるほうがいいですね。LINEスタンプで副収入を少し得て、少し生活がよくなるならチャレンジするのもよいと思います。

Pocket

「スマホサイト改善点 無料診断」
弊社代表の飯野が
5分間動画にしてメールでお送りします!

飯野


使いやすいスマホサイトとは、
一体どのようなサイトなのか?
貴社のスマホサイトのどこが使いづらいのか?
サイトを見て、的確に指摘いたします。
5分間の専用動画にして、メールでお送りします。

サイト診断を申し込む(無料)

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!
(2015年スマホ市場動向 レポート付)

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*