SIMフリーiPhoneにするメリット・価格・購入方法

Pocket

iphoneiPhoneを購入するときによく聞く「SIMフリー」。
ぼんやりと分かってはいても、実際自分にとってどういうメリットがあるのか気になる人も多いのではないだろうか。

そこでこの記事では、そもそもSIMフリーとは何かというところから、SIMフリー版iPhoneにするメリットや購入方法をお伝えする。

尚、SIMフリーについての知識があり、iPhoneに関する情報が見たいという人は、「3:SIMフリー対応iPhoneの機種・価格」から見て欲しい。

<目次>
1:SIMフリーとは
2:SIMフリーのメリット・デメリット
2-1 メリット
2-2 デメリット
3:SIMフリー対応iPhoneの機種・価格
3-1 6/6 Plus
3-2 5s/5c
3-3 5以前の機種
4.SIMフリーiPhoneの購入方法
5.格安SIMカードの種類
5-1 格安SIMとは
5-2 データ通信で選ぶ
5-3 音声通話で選ぶ(MNP可能)

1:SIMフリーとは

携帯電話やスマートフォンを利用するには、「SIMカード」というICカードが必要となる。
SIMカードには、電話番号やIMSIと呼ばれる固有の認識番号が保存されており、それを契約者情報と結びつけることで他の携帯電話やスマートフォンと区別し認識している。
このSIMカードを、販売しているキャリア以外で利用できないように制限をしているものがSIMロックと呼ばれる。

一方でそういった制限がかかっておらず、SIMカードの種類を選ばずに使える端末が「SIMフリー」である。

2:SIMフリーのメリット・デメリット

2-1 メリット

・SIMカードを差し替えて端末を使い分けることができる
・より低価格な回線に気軽に乗り換えることができる
・現地の格安SIMを利用することで、海外滞在時の通信費を安く抑えることができる

2-2 デメリット

・SIMロック端末はキャリアと2年契約を結ぶことで本体価格の一部が負担され、端末そのものを安く買うことができたが、SIMフリー端末ではそういった割引の対象外になるため、SIMロック端末と比べると料金が割高
・別途回線(SIMカード)を用意する必要がある
・音声通話を沢山使う場合はキャリアの定額プランを利用したほうが安くなる

3.SIMフリー対応iPhoneの機種・価格

iPhone対応表

3-1 iPhone 6/6 Plus

iPhone 6/6 Plusともに国内販売している。
対応SIM:nano SIM

※下図の価格はApple Store参照
iPhone6/6 Plus価格表

3-2 iPhone 5s/5c

iPhone 5sのみ国内販売している。(iPhone 5cは2014年9月に販売終了)
対応SIM:nano SIM

※下図の価格はApple Store参照
iPhone5s価格表

3-3 iPhone 5以前の機種

国内販売していない。

4:SIMフリー端末の購入方法

「6/6 Plus」、「5s」ともにApple Storeでのみ販売している。
全国のアップルストアかオンラインストア(http://store.apple.com/jp/iphone)で購入可能。

5:格安SIMカードの種類

 5-1 格安SIMとは

SIMフリーiPhoneはSIMカードの種類を選ばずに使えるが、自分で選定し契約する必要がある。
そういった中で今人気があるのは低価格で利用できる「格安SIM」だ。

格安SIMとは、大手携帯電話会社ではなく、プロバイダーなどのさまざまな事業者(MVNO)が販売しているLTE/3G通信SIMカードのことをいう。
MVNOはNTTドコモなどの通信網を借り受けてサービスを実現している。

MVNOが提供するサービスは、大きく分けて「データ通信」と「音声通話」の2種類がある。
そこでここでは、用途別におすすめの格安SIMカードをご紹介する。

5-2 データ通信で選ぶ

データ通信専用のプラン。
音声通話には対応しておらず、2台目のサブ端末としておすすめ。

1.BIGLOBE エントリープラン

月額料金:972円(税込)
初期費用:3,240円(税込)
通信容量:2GB/月 (高速時:150Mbps 低速時:200kbps)
※連続する3日間で360MB以上利用の場合、速度制限あり。
回線種類:LTE・3G
SMSオプションあり
nano SIM対応
最低契約期間:なし

BIGLOBE公式サイト

2.IIJmio ミニマムスタートプラン

月額料金:972円(税込)
初期費用:3,240円(税込)
通信容量:2GB/月 (高速時:150Mbps 低速時:200kbps)
※低速時、連続する3日間で366MB以上利用の場合、速度制限する場合あり
回線種類:LTE・3G
SMSオプションあり
nano SIM対応
最低契約期間:利用開始月の翌月末日

IIJmio公式サイト

3.OCN モバイル ONE

月額料金:972円(税込)
初期費用:3,240円(税込)
通信容量:70MB/日 (高速時:150Mbps 低速時:200kbps)
※1日の合計通信量が通信容量を超えた場合、当日23時59分まで通信速度が送受信時最大200kbpsになる
回線種類:LTE・3G
SMSオプションあり
nano SIM対応
最低契約期間:なし

OCN モバイル ONE公式サイト

5-3 音声通話で選ぶ

データ通信に加え音声通話にも対応しているプラン。
080/090で始まる電話番号付きのSIMでMNPも可能。

1.IIJmio ミニマムスタートプラン 音声通話みおふぉん

月額料金:1,728円(税込)
初期費用:3,240円(税込)
通信容量:2GB/月 (高速時:150Mbps 低速時:200kbps)
※低速時、連続する3日間で366MB以上利用の場合、速度制限する場合あり
回線種類:LTE・3G
音声通話料:20円(税込21.6円)/30秒
SMS対応
nano SIM対応
最低契約期間:利用開始月の翌月末日。ただし利用開始月を0か月として12か月目までに音声通話サービスを解約した場合、解除調停金として(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,080円(税込)が発生。

IIJmio公式サイト

2.BIGLOBE 音声通話スタートプラン

月額料金:1,728円(税込)
初期費用:3,240円(税込)
通信容量:1GB/月 (高速時:150Mbps 低速時:200kbps)
※連続する3日間で120MB以上利用の場合、速度制限する場合あり
回線種類:LTE・3G
音声通話料:21.6円/30秒
SMS対応
nano SIM対応
最低契約期間:サービス開始月翌月を1か月目として12か月目までに音声通話サービスを停止した場合、契約解除料:8,400円

BIGLOBE公式サイト

3.楽天モバイル 通話SIM 2.1GBプラン

月額料金:1,728円(税込)
初期費用:3,240円(税込)
通信容量:2.1GB/月 (高速時:150Mbps 低速時:128kbps)
※データ量超過後、または連続した3日間で360MBを超過した場合、速度は200kbpsに制限される。
回線種類:LTE・3G
音声通話料:21.6円/30秒
SMS対応
nano SIM対応
最低契約期間:最低利用期間はサービス開始日から12か月後の月の末日まで。最低利用期間内に解約した場合、10,584円の解約金が発生する。

楽天モバイル公式サイト

 

Pocket

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*