35個のスマホ用QRコードアプリを使って分かったNo1アプリ

Pocket

QRcodeスマホ用QRコード読み取りアプリの目的はサイトへスムーズにアクセスすることだ。
つまり、以下の2つを満たすアプリがもっともよい。

  • QRコードを認識するスピードが早い
  • 読み込んだURLへそのままアクセスできる

ユーザーはシンプルな操作で、スムーズにサイトへアクセスできれば良いのだ。

今回Google playで「QRコード」と検索してヒットした250個のアプリのうち、検索順で上から35番目までのアプリを実際にAndroid端末にすべてインストールして検証した。

その結果、もっとも使いやすいアプリを見付けたので紹介したい。

No1アプリはこれだ!

『QRコードリーダー「Q」』

1位QRアプリ

QRコード開発元のデンソーウェーブ社の公式アプリ。私が見た35アプリ内で圧倒的に早い認識スピードだ。

外出先や通信状況のよくない悪条件下でも正しく素早く認識する能力が素晴らしい。

QRコード読み込みアプリとしてこれ以上何も望むことがないと言っても言い過ぎではないかもしれない。
圧倒的にこのアプリがよい。

URLを読み込んだ際に確認メッセージなしでサイトへアクセスする構成も私の評価ポイントである。
読み込んだらすぐに遷移して欲しいからだ。

しかしユーザーによってはアクセスする前にURLを確認したいと考える人もいるかもしれない。

その場合はメニューからかんたんに設定することができ利便性を考えている。
1位QRアプリ02

Google play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.arara.q&hl=ja

App store
非対応
※公式サイトから確認する限り「coming soon」となっている。

必要最小限のメニューしか持っておらず認識スピードが早い。
Androidユーザーなら迷わずこのアプリをインストールすることをオススメする。

このアプリはiPhoneに対応していない。
iPhoneユーザーには以下のアプリがNo1アプリだ。

iPhoneユーザーにはこれがNo1!

『QRコードリーダー EQS』

二位QRアプリ

読み込み後のURL確認無くしてアクセスできる点が評価できる。

読み込みスピードも一位のデンソーウェーブ社に次ぐものだ。
スマホ端末の縦型ディスプレイにも対応した縦型表示もユーザビリティが高い。

このアプリではデンソーウェーブ社のアプリとは違い、QRコード読み取りに特化している訳ではない。
「最安値検索」という機能も実装されている。

二位QRアプリ02

たまたま私の机の上にミックスナッツがあったのでバーコードを読み込んでみると価格が安い順の検索結果が表示された。

このミックスナッツでは「価格.com」が一番安く、「Yahoo!ショッピング」が続き、3位が楽天市場だった。

機能として便利であり、利用シーンも想像できる。

App store
https://itunes.apple.com/app/id873068070

Android版も提供されている。Androidユーザーにはデンソーウェーブ社のアプリをオススメするが、もし「最安値検索」も使いたいとしたらこのアプリをダウンロードしてください。

Google play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.eqs.apps&hl=ja

 

ICタグ読み取りやICタグ作成もするユーザーにはこれだ!

『ICタグ・バーコードリーダー』

三位QRアプリ

NTTドコモ公式のQRコード読み込みアプリだ。

これはQRコード読み込みだけの機能ではなくICタグの読み取りも可能で、使い方は様々だ。

例えばイベント会場などでスマホを使ったスタンプラリーに参加できたり来場者限定コンテンツを受け取ることが出来る。ドコモユーザーでなくとも利用することが可能だ。

QRコード読み取り機能も優秀でデンソー社やイクス社のアプリに次いで体感スピードは早いように感じた。
QRコード以外にもICタグ等を使うユーザーであればこのアプリを入れるのがよい。

Google play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nttdocomo.android.ictrw&hl=ja

App store
非対応

実際に調べた35個のQRコードを表にまとめた。
実際に使ってみるとできることは同じでも(QRコードを読み取りサイトへサイトへアクセスする)スピードや他のメニューがあるかどうか等、違いは結構ある。

表は細かいがクリックすると拡大できるので興味があればみて下さい。

表に並べた順番は私のスマホ端末にインストールした順番だ。特に意味はない。
黄色に塗っているのがもっともよいアプリのQRコードリーダー「Q 」だ。

QRコード確認表

スマホQR

NGなQR読み取りアプリ4つの条件

条件1:広告系のメニューが表示されているアプリ

ng1

 

スマホ用のゲームダウンロードメニューが下部に表示されていたりQRコードアプリではない別のアプリのダウンロードを促すものはNGだ。

誤操作が起きてしまい、あなたがQRコードアプリ起動時にしたいこと(URLを読み込み、サイトへアクセスすること)を邪魔する可能性がある。

条件2:英文でメニューが表示されているアプリ

ng2

 

海外で作られたアプリであるのか、カメラを起動するためのメニューに「SCAN」とあるなど英文表記ではほぼ大半の日本の方は使いづらい。

日本語表記のものを選ぶのは必須だ。

条件3:アプリの評価が必須になるアプリ

ng3
今回私がインストールしたアプリのうちのいくつかは、アプリ自体の評価を促すものがあったが当然NGだ。

自分達の評価を集めることしか考えていない導線でありユーザーの操作を考えていない。

条件4:QRコード読み取り以外のメニューを実装するアプリ

これはQRコード読み取りアプリの設計の考え方によるものではあるが、QRコード読み取りアプリに「履歴」はいるだろうか。

確かに履歴を見たいシーンもあるかもしれないが私は要らないと考える。

またQRコードアプリを作った会社の別のアプリに遷移するメニューが実装されているものもあった。

これは「QRコードを読み込んでサイトへアクセスすること」を目的としたユーザーの導線として正しくない。

他にはクーポン系メニューや二次元バーコードの読み込みも行うアプリもあった。設計の考え方として余分なものを省くという位置で考えるとQR読み込み以外は不要なメニューである。

カメラで読み込むもの、タッチするものはすべてこのアプリで提供するという考え方であれば、よいかもしれないが実際に操作をしてみると使いづらいので、ここはNGに入れた。

Pocket

無料ebook:ミナクル式スマホサイト改善
スマホECの売上を2割アップする!
スマホサイト改善ちょっとしたコツ
76連発レポート!

業界によっては6割以上がスマホからのアクセスになりましたが、「実際にどうサイトを改善したらいいかわからない」という声をたくさん頂きます。

本PDFは、弊社のお客様に改善提案する中で生まれたノウハウを体系化した全100ページ以上にわたる資料です。

  • 自社のサイトは大丈夫だろうか
  • スマホサイト改善と言っても実際どうしたらいいか分からない
  • スマホでの売上をアップしたい

などとお考えの方はぜひご覧ください。

ebook無料でダウンロードする

【弊社実績一例】



ヤマハ発動機株式会社様/積水化学工業株式会社様/株式会社パルコ様/株式会社エポスカード様/アディダス ジャパン株式会社様/株式会社フジゼロックス様/シュウウエムラ様/ダノンジャパン株式会社様/株式会社マイナビ様/第一三共ヘルスケア株式会社様/株式会社サイバーエージェント様/株式会社船井総合研究所様

コメントをどうぞ

*